日本語文法の謎を解く : 「ある」日本語と「する」英語

金谷武洋 著

日本語教師にとって一番の問題は何か。それは西洋語と日本語の根本的な発想・世界観の違いがどの文法書にも記述されていないことだ。日本語の学校文法は西洋語、特に英文法を下敷きにしているからである。本書はそれと反対の方向で「日本語に即した、借り物でない文法」を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本語と英語の発想の違い
  • 第2章 日本語と英語の「主語」
  • 第3章 日本語と英語の空間/人間
  • 第4章 「ある」日本語と「する」英語
  • 第5章 日本語と英語の受身/使役

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語文法の謎を解く : 「ある」日本語と「する」英語
著作者等 金谷 武洋
書名ヨミ ニホンゴ ブンポウ ノ ナゾ オ トク : アル ニホンゴ ト スル エイゴ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.1
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4480059830
NCID BA60451522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20372892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想