イラクとパレスチナアメリカの戦略

田中宇 著

911事件後頻発するテロ。イラク、パレスチナをめぐる一触即発の緊張状態。そして右に左に揺れ動くアメリカの戦略。いったい世界はどうなろうとしているのか。そして日本は?中東で現地取材を重ねた著者が、現地から「新しい歴史の始まり」を読み解いた書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イラクとアメリカの失われた十年
  • 第2章 裏切られたサウジアラビア
  • 第3章 パレスチナ問題の裏側
  • 第4章 西岸を歩く
  • 第5章 パレスチナ人移住計画
  • 第6章 文明の海苔弁当の地
  • 第7章 アラブ統一の夢は、いま
  • エピローグ 中東から日本を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イラクとパレスチナアメリカの戦略
著作者等 田中 宇
書名ヨミ イラク ト パレスチナ アメリカ ノ センリャク
書名別名 Iraku to paresuchina amerika no senryaku
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2003.1
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 433403179X
NCID BA60430158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想