インド神話 : マハーバーラタの神々

上村勝彦 訳

悠久の時間と広大な自然に育まれたインド神話の世界を原典から平易に再現した紹介書。ヴェーダ聖典中の神々と神話から始まり、大叙事詩『マハーバーラタ』を中心として重要な神話を選び出し、他の伝承と比較することにより、有名なインド神話を可能な限り網羅した。不死の霊水アムリタ(甘露)を手に入れるため、神々と悪魔たちとが協力し、マンダラ山を棒にして大海を攪拌する「乳海攪拌」の神話、雨を降らせるため天女が仙人を誘惑する「一角仙人伝説」、猪・人獅子・朱儒・ラーマ・クリシュナなどに化身して、悪魔と闘うものたちを助ける「ヴィシュヌの十化身」、最も崇拝を集めるクリシュナの偉業に関する伝説などを含む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヴェーダの神話(ヴェーダ文献について
  • リグ・ヴェーダの神々 ほか)
  • 第2章 叙事詩の神話(大海の攪拌と甘露
  • 竜を食うガルダ鳥 ほか)
  • 第3章 ヴィシュヌ神話(梵天がヴィシュヌの臍から生じたこと
  • 北極星となったドゥルヴァ ほか)
  • 第4章 クリシュナ伝説(ヴィシュヌ神の降臨
  • クリシュナの誕生 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インド神話 : マハーバーラタの神々
著作者等 上村 勝彦
書名ヨミ インド シンワ : マハーバーラタ ノ カミガミ
書名別名 Indo shinwa
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.1
ページ数 350p
大きさ 15cm
ISBN 4480087303
NCID BA6042282X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20367626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想