風を聴く音を聴く : 作曲家がめぐる音宇宙

新実徳英 著

星や月や太陽が、この地球に、私たちに「波動」を送ってくる。地球そのものも、そして地上のあらゆる生物も「波動」を発している。それらのほとんどを私たちは聴くことができない。が、耳をすます…。やがて私たちはなにかを聞くだろう。それは未知の、新たな世界との出会いとなる。音楽の新たな視座を模索する作曲家・新実徳英の初の随想集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 静止した時間、永遠の時間
  • 雅楽は「退屈」か?
  • 自然の音と音楽
  • ピアニッシモ
  • 旋律の不思議
  • 美の理由
  • 旋律法
  • 響き合うこと
  • 音の湧き出る場所
  • 音の聴き方〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風を聴く音を聴く : 作曲家がめぐる音宇宙
著作者等 新実 徳英
書名ヨミ カゼ オ キク オト オ キク : サッキョクカ ガ メグル オト ウチュウ
出版元 音楽之友社
刊行年月 2003.1
ページ数 243, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4276200474
NCID BA60386453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20371023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想