薬用資源学

山崎幹夫, 斎藤和季 編

本書では、植物、海洋生物、微生物、伝承医薬などを薬用資源の視点から見直し、資源の確保・改良へのバイオテクノロジーの応用、薬用資源の探索に有用な薬効評価の問題をとりあげ、さらに、これらの資源が生命科学の解明に応用され、医薬品として開発され、有効に利用されるまでの過程を、基礎的な知識から、具体的な方法論までわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新しい薬用資源学の役割
  • 第2章 薬用資源としての植物
  • 第3章 医薬資源としての海洋生物、微生物
  • 第4章 伝承医薬
  • 第5章 植物バイオテクノロジー
  • 第6章 有効成分の生合成
  • 第7章 有効成分の単離・構造決定
  • 第8章 薬用資源の探索・薬効評価および生命科学への応用
  • 第9章 医薬品としての有効利用
  • 第10章 生薬各論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬用資源学
著作者等 山崎 幹夫
斉藤 和季
書名ヨミ ヤクヨウ シゲンガク
書名別名 Yakuyo shigengaku
シリーズ名 薬学教科書シリーズ
出版元 丸善
刊行年月 2002.12
版表示 第2版.
ページ数 280p
大きさ 26cm
ISBN 4621071289
NCID BA60381802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20356675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想