パリの宿

蜷川讓 著

パリでなければ、ありえない宿を求めて。自由が息づく、限りなく魅力的な「パリの宿」を通して、秘められた日仏文化交流の源をたぐる。「日仏文化交流史上のロマン・ロランとアンドレ・マルロー」「フランス陶芸紀行」-滋味豊かなエッセイ2篇を併載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パリの宿(サン=テクジュペリ、ボーヴォワールの宿
  • ホテル・ラ・ルイジアーヌ ほか)
  • 第2章 日仏文化交流史上のロランとマルロー(ロマン・ロラン(日本で最初のロラン紹介者
  • 「白樺」派とロマン・ロラン ほか)
  • アンドレ・マルロー(小松清との固い絆
  • 藤原隆信の「平重盛像」 ほか))
  • 第3章 フランス陶芸紀行(ラテリィからサン・タマン・アン・ピュイゼまで
  • ヴァロリス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリの宿
著作者等 蜷川 譲
書名ヨミ パリ ノ ヤド : ニチフツ ブンカ コウリュウシ シロン
書名別名 日仏文化交流史試論
出版元 麗澤大学出版会 : 廣池学園事業部
刊行年月 2002.12
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4892054569
NCID BA60355303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20361345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想