多元的世界の政治哲学 : ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権

伊藤恭彦 著

多元的世界における政治哲学の衰退〜復権の枠組みを描き出し、ロールズ政治哲学の全体像と論理、現実的意義を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政治哲学の現代的復権
  • 政治哲学の衰退と再生
  • 政治哲学復権の系譜(シュトラウスとロールズ
  • マルクス主義とロールズ)
  • 価値多元社会と正義の正当化
  • 価値多元社会と福祉国家
  • 価値多元社会と租税国家-ロールズの正義論と課税原理
  • グローバル時代の政治哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多元的世界の政治哲学 : ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権
著作者等 伊藤 恭彦
書名ヨミ タゲンテキ セカイ ノ セイジ テツガク : ジョン ロールズ ト セイジ テツガク ノ ゲンダイテキ フッケン
書名別名 Tagenteki sekai no seiji tetsugaku
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.12
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 4641076634
NCID BA60351798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想