日本社会福祉の歴史 : 制度・実践・思想

菊池正治 ほか編著

明治期から20世紀末まで日本社会福祉のあゆみを解説。恤救規則、救護法をはじめ100点の貴重な史料を抜粋収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会福祉の歴史を学ぶ
  • 1章 近代国家形成期の慈恵慈善事業
  • 2章 産業革命期の慈善事業
  • 3章 日露戦後期の感化救済事業
  • 4章 第一次世界大戦後の社会と社会事業の成立
  • 5章 昭和恐慌期の社会事業
  • 6章 日中戦争・太平洋戦争と戦時厚生事業
  • 7章 戦後社会福祉の発展
  • 8章 グローバル時代の社会福祉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本社会福祉の歴史 : 制度・実践・思想
著作者等 室田 保夫
永岡 正己
清水 教惠
田中 和男
菊池 正治
清水 教恵
書名ヨミ ニホン シャカイ フクシ ノ レキシ : セイド ジッセン シソウ
書名別名 Nihon shakai fukushi no rekishi
シリーズ名 Minerva福祉専門職セミナー 7
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.1
版表示 第6刷(一部改訂)
ページ数 335p
大きさ 21cm
ISBN 4623033449
NCID BA60343155
BA90328740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想