古代出雲

門脇禎二 著

1984年、出雲の弥生中期の遺跡神庭荒神谷から大量の青銅器が発掘され、世間の耳目を聳動させた。銅剣三五八本、銅鐸六個、銅矛一六本、初の同時出土。古代の出雲には、どのような勢力が存在したのか。大和や吉備との関係は、どのようなものであったのか。考古学上の新発見と数多くの論考・新説を検討し直し、著者独自の視点から、鮮明な古代出雲像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 荒神谷以後
  • 1章 原イツモ国-荒神谷遺跡をめぐって
  • 2章 原イツモ国の行方
  • 3章 イツモ王国
  • 4章 イツモ王国の変質
  • 5章 出雲と律令制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代出雲
著作者等 門脇 禎二
書名ヨミ コダイ イズモ
書名別名 検証古代の出雲

Kodai izumo
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.1
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 4061595806
NCID BA60337480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20364630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想