漱石倫敦の宿

武田勝彦 著

1900年10月から約2年間、国費留学生としてロンドンに滞在した漱石が、4つの下宿で共に暮らした人々を独自の観察眼で語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大英博物館近くの滞在先
  • 第2章 晩秋のハムステッド
  • 第3章 文芸の苗床キャンバーウェルの宿
  • 第4章 ダリッジの陸軍大将相当従軍牧師夫妻
  • 第5章 トゥティングの侘住まい
  • 第6章 ザ・チェイスのミス・リール姉妹

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石倫敦の宿
著作者等 武田 勝彦
書名ヨミ ソウセキ ロンドン ノ ヤド
書名別名 Soseki rondon no yado
出版元 近代文芸社
刊行年月 2002.12
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4773369604
NCID BA60319092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20363540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想