「ODA」再考

古森義久 著

年間、一兆数千億円を超える日本のODA(政府開発援助)支出。不況と財政赤字に苦しむ国が、なぜこれほどの公的資金をつぎこむのか。認知も感謝もされていない、総計三兆円超の対中ODA。貧しき村へは届かない援助。一党独裁国家・腐敗政権への資金供与…。本書では、中国、ベトナムを例に疑惑と矛盾だらけの実態をレポート。同時に、こうした結果を導く、日本の特異な対外援助システムを指摘。「法の整備」「要請主義の廃止」「支出半減」など具体的な提言を通して、ODAの意義を根本から問い糾す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ODAショック
  • 第1部 アメリカのODA戦略(自国民の利益のために
  • 戦後アメリカのヨーロッパ復興援助 ほか)
  • 第2部 「ODA超大国」日本の実態(被援助国から援助国へ
  • バブルODA ほか)
  • 第3部 実例・疑惑と矛盾のODA(矛盾だらけの対中ODA
  • 中国へのODA供与は必要なのか ほか)
  • 第4部 ODA再考(対中ODAゼロ・ベース予算の提唱
  • ODA外交の虚実 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ODA」再考
著作者等 古森 義久
書名ヨミ ODA サイコウ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.12
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 456962460X
NCID BA6031035X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想