プライベートピア : 集合住宅による私的政府の誕生

エヴァン・マッケンジー 著 ; 竹井隆人, 梶浦恒男 訳

アメリカの都市政策・地方自治の歴史をたどり、集合住宅を基点に、政治における住民参加・地方分権を考える。わが国の都市再生やまちづくりに有為な示唆を与える貴重な研究。1995年度アメリカ政治学会賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 田園都市からプライベートピアへ
  • 第2章 制限約款とコモンを有する住宅地(CID)の出現
  • 第3章 排他的独占性から排除へ-郊外住宅ブームにおける住宅所有者組合(HOA)
  • 第4章 プライベートピアの拡大-土地経済学とエベネザー・ハワードの遺産
  • 第5章 コミュニティ組合研究機構(CAI)-住民による私的政府の保護と育成
  • 第6章 私的政府としての住宅所有者組合(HOA)
  • 第7章 CID私的政府とカリフォルニア州法
  • 第8章 結論-プライベートピアと都市の考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プライベートピア : 集合住宅による私的政府の誕生
著作者等 Mckenzie, Evan
梶浦 恒男
竹井 隆人
マッケンジー エヴァン
書名ヨミ プライベートピア : シュウゴウ ジュウタク ニ ヨル シテキ セイフ ノ タンジョウ
書名別名 Privatopia

Puraibetopia
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.1
ページ数 372p
大きさ 19cm
ISBN 4790709728
NCID BA60308289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20377401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想