実践!ナースのための看護記録

古橋洋子 著

本書は、時代背景を見据え、臨床現場での生涯学習と看護基礎教育の双方で活用できるよう構成しています。各章は、それぞれのテーマの概説に続き、看護学生の臨地実習でのエピソードを具体例として展開しています。看護学生にとっては自らをその主人公として、また、臨床の看護師にとっては看護学生の指導にあたる臨床指導者やその同僚の1看護師として、それぞれの事例を題材に楽しく学んでいくことが可能でしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 看護記録はなんのために書いているの?
  • カルテ開示ってなんのこと?
  • 看護記録のもう一つの目的
  • 看護記録になぜ看護過程が必要なの?
  • 患者さんの情報収集とは?
  • アセスメントで困らないために
  • 問題リスト(看護診断)とその表現方法
  • 患者目標(期待される結果)と看護計画
  • 経過記録
  • 診療情報開示に向けての看護記録のあり方
  • 看護体制の充実と看護記録
  • 看護監査(経過監査)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践!ナースのための看護記録
著作者等 古橋 洋子
書名ヨミ ジッセン ナース ノ タメノ カンゴ キロク
出版元 学習研究社
刊行年月 2002.12
ページ数 153p
大きさ 26cm
ISBN 4051521761
NCID BA60304186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20497539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想