「日中友好」という幻想

中嶋嶺雄 著

日中国交樹立三十周年を迎えた二〇〇二年。その華々しい友好ムードとは裏腹に、日本国内にはいまだ「嫌中感情」が根強い。瀋陽事件は日中関係の虚実をまざまざと映し出した。靖国参拝、歴史教科書、尖閣諸島問題など、内政干渉まがいの要求を突きつける中国と、漫然とふりまわされる日本外交。繰り返されるその構図は、実は一九七二年の、拙速すぎた国交正常化がもたらしたツケだったのである。いまこそ国交樹立の過程を回顧し、贖罪外交を続ける日本政府・外務省の姿勢を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日中三十周年で言うべきこと
  • 第1章 「友好」の現実(「名」も「恥」もない日本外交-瀋陽事件をめぐって
  • 日中国交三十年の大きな代償)
  • 第2章 拙速外交の陥穽-国交十周年からふり返る(活かされない日中交渉の教訓
  • 「保利書簡」と私)
  • 第3章 中国の思惑-日中国交の国際的意味(日中関係と中国の対日政策
  • 日中接近を促した国際環境)
  • 第4章 日中国交の舞台裏-日本国内の要因(各政党はいかに動いていたか
  • 世論、マスコミ、経済界の動き)
  • エピローグ 「日中友好」という名のもとに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「日中友好」という幻想
著作者等 中嶋 嶺雄
書名ヨミ ニッチュウ ユウコウ ト ユウ ゲンソウ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.12
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4569625169
NCID BA60302191
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想