奥行の生と世界 : フッサール主観性理論の研究

林克樹 著

[目次]

  • 第1部 作用を生きる(最初の転回
  • ノエマの存在
  • 領域的存在論)
  • 第2部 世界を経験する生(世界信
  • 生世界
  • 相互主観性)
  • 第3部 生の「奥行」(感覚論
  • 生き生きとした現在
  • 「我あり」の意味)
  • 第4部 哲学史的考察(フィヒテ以後の思惟の地平
  • フッサールとカント)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奥行の生と世界 : フッサール主観性理論の研究
著作者等 林 克樹
書名ヨミ オクユキ ノ セイ ト セカイ : フッサール シュカンセイ リロン ノ ケンキュウ
シリーズ名 西洋思想叢書
出版元 晃洋書房
刊行年月 2002.12
ページ数 190, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4771013586
NCID BA60291404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20361163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想