力としての現代思想 : 崇高から不気味なものへ

宇波彰 著

哲学者、作家、美術史家等をむすぶ思考の線上にこれまで着目されていなかった諸概念の連関を指摘し、"表象不可能"な現代を剔出する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 無限記号連鎖論
  • 1 ミメーシス論
  • 2 鏡像論
  • 3 アフォーダンス論
  • 4 凝視論
  • 5 崇高論
  • 6 不気味なもの論
  • 7 物語論
  • 8 メディアカルチャー論
  • 9 知識人論
  • 10 イデオロギー的国家装置論
  • 11 読むことの危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 力としての現代思想 : 崇高から不気味なものへ
著作者等 宇波 彰
書名ヨミ チカラ ト シテ ノ ゲンダイ シソウ : スウコウ カラ ブキミナ モノ エ
出版元 論創社
刊行年月 2002.12
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4846003019
NCID BA60285310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20367740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想