単位がわかると物理がわかる : SI単位系の成り立ちから自然単位系まで

和田純夫, 大上雅史, 根本和昭 著

本書では、誰にでもわかってもらえるようなレベルで、物理による自然の見方について語る。そして、その中で「単位系」というものがどのように定められているのかを説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 単位の役割
  • 第2章 長さ、時間、質量の単位の歴史
  • 第3章 力と質量の単位
  • 第4章 圧力の単位
  • 第5章 エネルギーと仕事-単位J(ジュール)の話
  • 第6章 単位だけでここまでわかる
  • 第7章 温度と熱-単位K(ケルビン)とJ(ジュール)の話
  • 第8章 電気関係の単位群
  • 第9章 自然単位系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 単位がわかると物理がわかる : SI単位系の成り立ちから自然単位系まで
著作者等 和田 純夫
大上 雅史
根本 和昭
書名ヨミ タンイ ガ ワカル ト ブツリ ガ ワカル : SI タンイケイ ノ ナリタチ カラ シゼン タンイケイ マデ
書名別名 Tan'i ga wakaru to butsuri ga wakaru
シリーズ名 読んで楽しむ教科書
出版元 ベレ
刊行年月 2002.12
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 4860640136
NCID BA60281706
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想