陰陽師 : 安倍晴明の末裔たち

荒俣宏 著

安倍晴明をはじめ、日本の歴史に深く関わってきた陰陽師の謎に満ちた役割とは?彼らがどのように日本を動かし、日本人の生活や心に大きな影響を及ぼしたのか。戦国時代には土木の天才、秀吉を陰で支えた技術者集団だったのではないか。また明治維新の成功にその謎のネットワークが動いたのではと、著者は陰陽師の歴史をひもときながら大胆な仮説を展開していく。そしてついに現代に生きる陰陽師に会いに出かける!『帝都物語』をはじめとする荒俣ワールドの真骨頂ともいえる作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 安倍晴明の子孫たち(土御門家の奮闘
  • 近世の陰陽道)
  • 第2部 吉備、上原大夫の知恵(カンバラ叩く人々
  • 金神との闘い ほか)
  • 第3部 土佐、芦田主馬大夫の謎(陰陽頭の足跡をもとめて
  • 博士と散所)
  • 第4部 高知、いざなぎ流大夫は生きている(式を飛ばしあう大夫たち
  • いざなぎ流大夫に会う ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陰陽師 : 安倍晴明の末裔たち
著作者等 荒俣 宏
書名ヨミ オンミョウジ : アベ ノ セイメイ ノ マツエイタチ
書名別名 Onmyoji
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2002.12
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4087201732
NCID BA60269449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20359823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想