父が子に語る世界歴史  4

ジャワーハルラール・ネルー 著 ; 大山聰 訳

「権力からギロチンまでの道は直通で、途中で一休みする場所もない」。19世紀の導入部、フランス革命とは?インドはなぜ英国に搾取され続けたか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • バスチーユ占領
  • フランス革命
  • 革命と反革命
  • 政治の諸相、秩序と進歩
  • ナポレオン
  • その後のナポレオン
  • 世界の概観
  • 世界大戦前の一世紀
  • 十九世紀の社会問題
  • インドにおける戦争と内乱〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父が子に語る世界歴史
著作者等 Nehru, Jawaharlal
大山 聡
ネルー ジャワーハルラール
書名ヨミ チチ ガ コ ニ カタル セカイ レキシ
書名別名 Glimpses of world history. (4th rev. ed.)
巻冊次 4
出版元 みすず書房
刊行年月 2002.12
版表示 新版.
ページ数 225p
大きさ 20cm
ISBN 4622080141
NCID BA60230068
BN06499183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想