化学物質毒性ハンドブック  臨床編 第1巻

Marsha D.Ford ほか編 ; 内藤裕史, 横手規子 監訳

第1部では、各種の中毒のさいに必要とされる種々の気道管理方法や2次救命処置を含む幅広い臨床上の問題を扱った。第2部では、症状別に診断や治療を、また臓器別に中毒学上の問題を扱った。第3部では、よくみられる各種薬毒物について、一定のパターンに従って記述した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(中毒患者への初期対応
  • 気道の管理
  • 中毒患者の二次救命処置 ほか)
  • 2 症状別対応(中枢神経抑制
  • 中枢神経興奮
  • 痙攣発作 ほか)
  • 3 原因物質別対応(鎮痛薬、抗炎症薬
  • 一般用医薬品
  • 循環器用薬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学物質毒性ハンドブック
著作者等 Ford, Marsha D
内藤 裕史
横手 規子
Erickson Timothy
Ling Louis J.
Delaney Kathleen A.
書名ヨミ カガク ブッシツ ドクセイ ハンドブック
書名別名 Clinical Toxicology
巻冊次 臨床編 第1巻
出版元 丸善
刊行年月 2002.12
ページ数 492p
大きさ 27cm
ISBN 4621071246
NCID BA60202277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想