成熟と近代 : ニーチェ・ウェーバー・フーコーの系譜学

デイヴィット・オーウェン 著 ; 宮原浩二郎, 名部圭一 訳

19世紀末〜20世紀思想界の巨星ニーチェ、ウェーバー、フーコー。本書はその方法論、近代認識、政治と倫理の構造的連関を正面から追究する。近代における「成熟」はカントの啓蒙に始まるが、ニーチェはこれを「道徳的自律」にすぎないと批判し、超越的権威=神を喪った時代における「道徳外的自律」の可能性を力説した。ニーチェの「成熟した個人」は価値目標としてウェーバー、フーコーへ継承された。ヘーゲル、マルクス、ハーバーマスの正統的批判思想に対峙する「批判としての系譜学」の挑戦。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 カントと成熟の問題
  • 第2章 批判の変容-ニーチェと系譜学
  • 第3章 近代性の系譜学-ニーチェ・禁欲主義・ニヒリズム
  • 第4章 「超人」の政治-ニーチェ・成熟・近代
  • 第5章 文化科学としての系譜学-ウェーバー・方法論・批判
  • 第6章 近代性の系譜学・ウェーバー・禁欲主義・脱呪術化
  • 第7章 「人格」の政治-ウェーバー・成熟・近代
  • 第8章 歴史的存在論としての系譜学-フーコー・方法論・批判
  • 第9章 近代性の系譜学-フーコー・人間主義・生‐政治
  • 第10章 批判の政治-フーコー・成熟・近代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成熟と近代 : ニーチェ・ウェーバー・フーコーの系譜学
著作者等 Owen, David
名部 圭一
宮原 浩二郎
オーウェン デイヴィット
書名ヨミ セイジュク ト キンダイ : ニーチェ ウェーバー フーコー ノ ケイフガク
書名別名 Maturity and modernity
出版元 新曜社
刊行年月 2002.12
ページ数 410, 20p
大きさ 20cm
ISBN 4788508214
NCID BA60198522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20362291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想