鍋もの・汁もの

農山漁村文化協会【編】;奥村 彪生【解説】

本書では、日本人に親しまれている鍋もの、汁ものを収めている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 魚と肉の鍋もの、汁もの(あきあじの粕汁(浜中町)
  • くじな汁(松前町) ほか)
  • すり身鍋、すり身汁(きじ骨のだんご汁(東和町)
  • いわしのかまぼこの味噌汁(男鹿市) ほか)
  • 精進鍋、精進汁(けの汁(平舘村)
  • ずんた汁(東通村) ほか)
  • だんご汁(だしもち(松前町)
  • いものおづけばっと(東通村) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鍋もの・汁もの
著作者等 農山漁村文化協会
奥村 彪生
農文協
書名ヨミ ナベモノ シルモノ
シリーズ名 ふるさとの家庭料理 : 聞き書 / 農山漁村文化協会 編 10
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2002.12
ページ数 256, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4540021877
NCID BA60184947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想