中国茶・五感の世界 : その歴史と文化

孔令敬 著

中国茶が、静かなブームを呼んでいる。鉄観音、水仙茶、龍井茶、恩施玉露、茉莉花茶、祈門工夫、君山銀針。多種多様な中国茶は、いつ、どこで生まれ、どのような道筋をたどって、今に至ったのか。その歴史を辿り、お茶に触発された精神の「気」に、中国人の美意識を発見し、五感を総動員する「品茶」に、中国茶文化の真髄を探る。お茶から知る、中国の歴史と文化の息吹き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 日本茶と中国茶
  • 1 茶の発見
  • 2 喫茶のはじまり
  • 3 喫茶文化の開花
  • 4 固形茶の時代
  • 5 中国茶の大転換
  • 6 近代茶の確立
  • 7 中国茶をどう飲むか
  • 8 品茶の精神
  • 結び 茶文化とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国茶・五感の世界 : その歴史と文化
著作者等 孔 令敬
書名ヨミ チュウゴクチャ ゴカン ノ セカイ : ソノ レキシ ト ブンカ
書名別名 Chugokucha gokan no sekai
シリーズ名 NHKブックス 957
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.12
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4140019573
NCID BA60179798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20364782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想