日本経済史  3

石井寛治, 原朗, 武田晴人 編

両大戦間期の激動のなかで日本資本主義が先進国型の経済構造にキャッチアップする過程を帝国主義的発展とその現代的変容の両面から描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 景気循環と経済政策
  • 第2章 産業構造の変化と独占
  • コラム 独占資本主義成立論争
  • 第3章 財閥のコンツェルン化とインフラストラクチャー機能
  • コラム 財閥批判と財閥の転向
  • 第4章 就業構造と農業
  • コラム 現代資本主義、国家独占資本主義
  • コラム 日本資本主義論争
  • 第5章 帝国主義世界体制と中国
  • コラム 侵略の経済社会的基盤

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済史
著作者等 原 朗
武田 晴人
石井 寛治
書名ヨミ ニホン ケイザイシ
書名別名 Nihon keizaishi
巻冊次 3
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2002.12
ページ数 378, 17p
大きさ 22cm
ISBN 413044073X
NCID BA60169105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20365899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想