平安の気象予報士紫式部

石井和子 [著]

男女の出会いも別れも、今以上にお天気次第の平安時代。紫式部の驚くほど正確な気象センスが、『源氏物語』を支えていた!天気から読むと、古典はさらに面白い!『源氏物語』の新しい読み解き方、発見。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『源氏物語』を生んだ平安時代の気候
  • 『源氏物語』を育んだ京都の地形と天気
  • めぐる季節のなかで(春から夏へ
  • 夏から秋へ
  • 秋から冬へ
  • 冬から春へ)
  • 『源氏物語』に見る恋愛と天気
  • 紫式部は平安の気象予報士

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安の気象予報士紫式部
著作者等 石井 和子
書名ヨミ ヘイアン ノ キショウ ヨホウシ ムラサキ シキブ : ゲンジ モノガタリ ニ カクサレタ テンキ ノ カガク
書名別名 『源氏物語』に隠された天気の科学
シリーズ名 源氏物語
講談社+α新書
出版元 講談社
刊行年月 2002.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 406272166X
NCID BA60163561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20349891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想