コーチ論

織田淳太郎 著

無能な指導者、間違ったトレーニング理論によって、どれほどの煌めく才能がつぶされ、スポーツ界から去っていったことか。「ウサギ跳び」「丸刈り」「水分補給の禁止」「ダラダラ長時間続く練習」「シゴキ」「三年天皇、一年奴隷」「自分の成功体験の押しつけ」「恣意的な選手起用」「ただヒステリックにわめきちらすコーチ」「不勉強」「思いこみ」-日本のスポーツを語る言葉は、あまりに貧しく、絶望的である。いや、見方を変えれば、これはスポーツ界だけでなく、日本の一般社会にも共通することかもしれない。本書は、現在のスポーツ界に風穴を開けようと日々奮闘する監督やコーチ、トレーナーへ取材を重ね、その最先端の理論を紹介するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "頑張らない"ことが潜在能力を引き出す
  • 第2章 間違いだらけのコーチング
  • 第3章 日本人が捨てた究極の"走り方"
  • 第4章 メンタルトレーニングの真贋
  • 第5章 誰も教えてくれないバッティング常識の嘘
  • 第6章 やる気を引き出すコーチング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーチ論
著作者等 織田 淳太郎
書名ヨミ コーチ ロン
書名別名 Kochi ron
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.12
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4334031757
NCID BA60153819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20362097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想