宗教の社会学 : 行為理論と人間の条件第三部

タルコット・パーソンズ 著 ; 徳安彰 ほか訳

生誕百年。今こそ必要なパーソンズの遺産の冷静で着実な継承=「パーソンズ・ルネッサンス」のための必読文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キリスト教(一般的な方向性と背景
  • 初期の運動-教義と組織 ほか)
  • 第2章 デュルケムの宗教論再訪-『宗教生活の原初形態』に関する別の観点(『宗教生活の原初形態』の再評価
  • 聖と俗の区別 ほか)
  • 第3章 信仰・不信仰・非信仰(信仰・非信仰・不信仰
  • 行為の合理的要素と没合理的要素 ほか)
  • 第4章 「生という贈り物」とその返礼(生と死のユダヤ‐キリスト教的シンボル化
  • 近代医療倫理の道徳的基礎 ほか)
  • 第5章 脱工業社会アメリカの宗教-世俗化の問題(キリスト教シンボリズムのパラダイム
  • プロテスタント運動によってもたらされた変化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教の社会学 : 行為理論と人間の条件第三部
著作者等 Parsons, Talcott
徳安 彰
佐藤 成基
富永 健一
挟本 佳代
油井 清光
パーソンズ タルコット
書名ヨミ シュウキョウ ノ シャカイガク : コウイ リロン ト ニンゲン ノ ジョウケン ダイ サンブ
書名別名 Action theory and the human condition. (第3部)

Shukyo no shakaigaku
出版元 勁草書房
刊行年月 2002.12
ページ数 283, 33p
大きさ 20cm
ISBN 432665273X
NCID BA60139261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20364741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想