縄文論争

藤尾慎一郎 著

縄文人はどこから来たか?縄文人もコメを作っていた?土偶は何に使われたのか?三内丸山遺跡発見の真の意義は?百家争鳴の縄文像を検証し、最新の知見で読む縄文のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 三内丸山遺跡の衝撃
  • 第1章 縄文文化とは何か-多様な暮らしと物質文化
  • 第2章 多様な縄文文化
  • 第3章 縄文人出現
  • 第4章 縄文時代のコメ
  • 第5章 縄文の終焉、弥生の変革
  • 第6章 世界の中の縄文文化
  • 終章 本書で明らかにした縄文時代像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文論争
著作者等 藤尾 慎一郎
書名ヨミ ジョウモン ロンソウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 256
出版元 講談社
刊行年月 2002.12
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4062582562
NCID BA60134665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20356537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想