日本の色を染める

吉岡幸雄 著

紅花で艶やかな赤を染め、紫根から深い紫を取り出す。色を重ね、その微妙な変化を楽しむ。飛鳥・天平の美や『源氏物語』の世界は、その繊細な色彩感覚と高い染織技術を抜きにしては語れない。数々の古代植物染の復元に取り組んできた著者が、実作者ならではの眼を活かして読み解く、日本の色と衣と染の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 色と染めの発見
  • 第2章 飛鳥・天平の彩り
  • 第3章 王朝の色彩-和様美の確立
  • 第4章 中世の華麗とさび-武家と庶民の衣
  • 第5章 辻が花小袖と戦国武将
  • 第6章 江戸時代の流行色

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の色を染める
著作者等 吉岡 幸雄
書名ヨミ ニホン ノ イロ オ ソメル
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.12
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4004308186
NCID BA60130992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20377660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想