新世紀の宗教 : 「聖なるもの」の現代的諸相

宗教社会学の会 編

「心」「不安」そして「IT」の時代に宗教はいかなる姿を現しているのか。その姿に多様な角度から迫った論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「心の時代」の宗教(鎮めなき時代の「鎮め」
  • 祭りの復権と村の再生-師走祭りと百済の里づくりをめぐって
  • 宗教的無党派層の時代-浮上する「人間至上」の宗教)
  • 第2部 「情報化時代」の宗教(インターネット時代の宗教
  • IT化された宗教実践-ある金光教教師の挑戦)
  • 第3部 「不安の時代」の宗教(癒しを求める人々
  • 洗脳、マインド・コントロールの神話
  • 宗教組織におけるカリスマの制度化と宗教運動-日本の新宗教を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新世紀の宗教 : 「聖なるもの」の現代的諸相
著作者等 宗教社会学の会
書名ヨミ シンセイキ ノ シュウキョウ : セイナル モノ ノ ゲンダイテキ ショソウ
出版元 創元社
刊行年月 2002.11
ページ数 288p
大きさ 19cm
ISBN 4422140221
NCID BA60112797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20375006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想