コペルニクス的宇宙の生成  1

ハンス・ブルーメンベルク 著 ; 後藤嘉也, 小熊正久, 座小田豊 訳

宇宙と関わりにおける人間の自己意識の変化を跡づけ、ヨーロッパ思想史全体を視野に議論を展開する、壮大な脱領域的コスモロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 天の両義性(コスモスと悲劇
  • 洞窟としての天
  • 平静な観察者の終わりに
  • 同時的なものの非同時性
  • 天の光景と自己意識
  • 純粋直感という人間学的ユートピア
  • 天の景観の優美さ、写真と擬人観
  • 生活世界にとって必要なものという時代錯誤-実在とシミュレーション)
  • 第2部 コペルニクス理論の人物の可能性はどのようにして切り開かれたか(影響作用史の条件としての前史
  • 体系の可能性を汲み尽くすことによる体系構造の弛緩
  • 人間中心主義の諸転換
  • 宇宙の中心の人文主義的理念化
  • 技術に甘んじて心理を断念することの耐えがたさ
  • コペルニクス理論の内的生成史-試論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コペルニクス的宇宙の生成
著作者等 Blumenberg, Hans
小熊 正久
座小田 豊
後藤 嘉也
ブルーメンベルク ハンス
書名ヨミ コペルニクステキ ウチュウ ノ セイセイ
書名別名 Die Genesis der kopernikanischen Wert. (第2版)

Koperunikusuteki uchu no seisei
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 761
巻冊次 1
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.12
ページ数 398, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4588007610
NCID BA60092973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20386080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想