わたしの詩歌

文藝春秋 編

青春の日に、一読心を奪われた詩や、折ふしに唇にのぼる短歌…。それは人生のいかなる時にも静かに胸に響いて、なつかしい山河のような慰めとなってくれる。「あなたのお好きな詩歌を教えていただけませんか」。こう尋ねて、言葉をめぐる旅で見つけた様々な宝物を、四十六人の筆者に持ち寄って頂いた。それぞれのエッセイを読む面白さ、好きな詩歌を探す愉しみ、磨き上げられた日本語を味わうよろこび…、詩歌の美しい力に満ちたアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伊東静雄「帰路」(庄野潤三)
  • 五十の子に七十の母あり-頼山陽(出久根達郎)
  • デートの風景-中原中也「湖上」(阿刀田高)
  • ネクラーソフ・心に棲むひと(沢地久枝)
  • 生死の別れ、珍しからず-大木惇夫「戦友別盃の歌」(徳岡孝夫)
  • きらめける冬の浪費-葛原妙子の短歌(関川夏央)
  • 償ひの旅-マイヤァ「春日舟行」(高島俊男)
  • 荒天薄暮-三好達治(中西進)
  • 抜き差しのならない表現-井伏鱒二訳「田家春望」(養老孟司)
  • 盲目の新内語り-吉井勇(森まゆみ)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わたしの詩歌
著作者等 文芸春秋
文春
書名ヨミ ワタシ ノ シイカ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.12
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4166602896
NCID BA60076241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20359771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想