田中角栄失脚

塩田潮 著

『文芸春秋』昭和49年11月号に掲載された立花隆と児玉隆也の「田中角栄の金脈と人脈」「淋しき越山会の女王」は、「今太閤」といわれた時の最高権力者を退陣に追い込んだ。二人はなぜ田中角栄を取材し、書いたのか。田中周辺からはどのような干渉があったのか。政界にうごめく魑魅魍魎たちは何をしようとしたのか。そして、このレポートは日本の政治と言論をどのように変えたのか。多くの関係者の貴重な証言をもとに真相を追求した傑作ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 昭和四十七年七月
  • 第1章 政治家田中角栄
  • 第2章 日中復交と列島改造
  • 第3章 落日-石油危機以後
  • 第4章 立花隆・児玉隆也
  • 第5章 「事実」の発掘
  • 第6章 権力と雑誌ジャーナリズム
  • 第7章 『文芸春秋』昭和四十九年十一月号
  • 第8章 政権崩壊
  • 終章 幕が下りて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田中角栄失脚
著作者等 塩田 潮
書名ヨミ タナカ カクエイ シッキャク
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.12
ページ数 317p
大きさ 18cm
ISBN 4166602942
NCID BA60071496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20360103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想