宮崎駿の原点 : 母と子の物語

大泉実成 著

初めて明かされた子供時代のエピソード。作品の底に隠された母への想い。ファン必読のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「助けてあげて!」-幼き宮崎駿の心の叫び(誕生
  • 心に深く刻まれた空襲体験 ほか)
  • 第2章 母の病と宮崎一家(母の病と『トトロ』
  • 飛行機の絵 ほか)
  • 第3章 「殺される子供たちの側に立とう」-アニメへの決意(『白蛇伝』のヒロインに恋した
  • 手塚治虫との訣別 ほか)
  • 第4章 呪縛からの解放(母との大激論
  • 演出を変えた新人 ほか)
  • 第5章 「母なるもの」と「救済」(『風の谷のナウシカ』の衝撃
  • 母の死と「救済」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮崎駿の原点 : 母と子の物語
著作者等 大泉 実成
書名ヨミ ミヤザキ ハヤオ ノ ゲンテン : ハハ ト コ ノ モノガタリ
出版元 潮出版社
刊行年月 2002.10
ページ数 181p
大きさ 20cm
ISBN 4267016534
NCID BA60061856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想