自然環境復元の展望

杉山恵一 著

身近な自然が急速に失われつつあった一九六〇年代後半、それに危機感を抱いた各地のナチュラリスト・グループや市民団体が期せずしてスタートさせたのが、今日ビオトープづくりの名で一般化した自然復元運動のはじまりである。そのような運動にかかわりをもつ各方面の専門家、市民運動のリーダーなど一一人が集まり、このような運動の理念や理論そして方法を研究する団体「自然環境復元研究会」を組織したのは、時あたかも平成元年(一九八九)のことであった。本書は、自然復元運動の約一五年間の経緯を総括すべく執筆したものである。具体的手法に関する記述はできるだけ省き、自然環境復元運動がそれ以前の公害闘争や自然保護運動の流れを汲んで発生し、いかに様々なバリエーションを生みつつ今日至ったかを簡略かつ読み物風に記述し、最後に将来の展望に関しても記す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自然復元運動の経緯-序に代えて-公害闘争からビオトープづくりまで
  • ホタルの里の復元
  • トンボの池づくり
  • 河川の近自然工法
  • 学校ビオトープ
  • ビオトープ園・エコアップ装置
  • 農村の自然復元
  • ドイツ・スイスの自然復元
  • ビオガーデン・屋上緑化
  • ミチゲーション・エコロード
  • 将来の展望-まとめに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然環境復元の展望
著作者等 杉山 恵一
書名ヨミ シゼン カンキョウ フクゲン ノ テンボウ
書名別名 Shizen kankyo fukugen no tenbo
出版元 信山社サイテック : 大学図書
刊行年月 2002.10
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4797225343
NCID BA60047141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20435517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想