感性としての日本思想 : ひとつの丸山真男批判

北沢方邦 著

津田左右吉、丸山真男など、従来の近代主義的日本思想史観を乗り越え、古代から現代まで無意識、身体レベルに一貫して存在してきた日本の思想、美意識、感性の本質に迫る画期的な日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の思想
  • 第1章 日本の思考体系
  • 第2章 日本の美学
  • 第3章 日本のマツリゴト
  • 第4章 日本の近代化
  • 終章 日本の思想とグローバリゼーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感性としての日本思想 : ひとつの丸山真男批判
著作者等 北沢 方邦
書名ヨミ カンセイ ト シテノ ニホン シソウ : ヒトツ ノ マルヤマ マサオ ヒハン
書名別名 Kansei to shiteno nihon shiso
出版元 藤原書店
刊行年月 2002.11
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 489434310X
NCID BA59943097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20350201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想