田中角栄と毛沢東 : 日中外交暗闘の30年

青木直人 著

国益死守、敵は「米ソ」-同床異夢のカリスマふたりは何を語り合ったのか?アメリカの逆鱗に触れた角栄の国家戦略とは?壮大なパワーゲームの舞台裏、知られざる歴史の闇がいま明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 北京の大地(報道陣も気づかなかったシグナル
  • 「ニクソンは田中に及ばなかった」 ほか)
  • 第2章 田中・毛会談(毛沢東の日本観
  • 絶妙のコンビ ほか)
  • 第3章 国益(四つの現代化
  • ロッキード事件 ほか)
  • 第4章 二人のカリスマ(公表できなかった田中・毛会談
  • 幻の田中訪中 ほか)
  • 第5章 見下された日本(日本パッシング
  • 江沢民「史上最低の訪日」)
  • エピローグ(劉少奇の娘
  • 「田中角栄のような政治家は現れますか」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田中角栄と毛沢東 : 日中外交暗闘の30年
著作者等 青木 直人
書名ヨミ タナカ カクエイ ト モウ タクトウ : ニッチュウ ガイコウ アントウ ノ 30ネン
出版元 講談社
刊行年月 2002.11
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN 4062113716
NCID BA5990918X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20357775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想