銅鐸から描く弥生時代

佐原真, 金関恕 編

銅鈬はなぜ埋められたか?銅鈬の文様や絵は何を語るか?銅鈬に秘められた弥生人達の信仰や祭り、生活と社会の謎を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基調講演(日本文化の源流
  • 銅鈬の絵・大昔の絵)
  • 2 報告・各論(八王子銅鈬発掘記
  • 八王子銅鈬の位置づけ
  • 出雲の大量埋納青銅器
  • 近畿式銅鈬と三遠式銅鈬
  • 銅鈬研究における多角的視点とその成果
  • マツリの変貌-銅鈬から特殊器台へ)
  • 3 討論・銅鈬から描く弥生時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銅鐸から描く弥生時代
著作者等 佐原 真
金関 恕
書名ヨミ ドウタク カラ エガク ヤヨイ ジダイ
書名別名 Dotaku kara egaku yayoi jidai
出版元 学生社
刊行年月 2002.11
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 431120258X
NCID BA59900265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20343994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想