虫たちの化学戦略 : 盗む・欺く・殺す

ウイリアム・アゴスタ 著 ; 長野敬, 赤松眞紀 訳

相手を出し抜き、盗み取り、果ては殺すハチ、アリ、ハエ、チョウ…。そのサバイバルを賭けたドラマの影の主役が、虫の行動を決定づける様々なフェロモンなどの化学物質。自然界の複雑なメカニズムを、化学物質を駆使する虫たちの驚異の生態から見る刮目の自然誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロトと奴隷
  • 自然界の特殊な化学物質
  • アリに支払う運賃
  • 授粉
  • 疫病神のハエ
  • 生きる術としての盗み聞き
  • もの真似と盗みによる成功
  • 細菌:単純細胞に秘められた複雑化学
  • 自然界に化学物質を探る
  • 薬箱の補充
  • 未終結の問題と新たな発端
  • 現実世界の複雑さ
  • 生態系を利用する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虫たちの化学戦略 : 盗む・欺く・殺す
著作者等 Agosta, William C
赤松 真紀
長野 敬
Agosta William
アゴスタ ウィリアム
書名ヨミ ムシタチ ノ カガク センリャク : ヌスム アザムク コロス
書名別名 Thieves deceivers and killers

Mushitachi no kagaku senryaku
出版元 青土社
刊行年月 2002.12
ページ数 293, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4791760026
NCID BA59881615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20462996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想