アーレント政治思想集成  2 (理解と政治)

アーレント 著 ; J.コーン 編 ; 齋藤純一, 山田正行, 矢野久美子 共訳

現代世界に向けたアーレントの"理解への衝動"とはいかなるものであったか。「人類とテロル」「全体主義の本性について」「画一主義の脅威」はじめ、"現在性の思考"の軌跡を編んだ19篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カール・ヤスパースへの献辞
  • ランドスクール講義
  • 宗教と知識人
  • 社会科学のテクニックと強制収容所の研究
  • ナチ支配の余波-ドイツからの報告
  • 卵は声を挙げる
  • ヒトラーの食卓につく
  • 人類とテロル
  • 理解と政治(理解することの難しさ)
  • 全体主義の本性について-理解のための試論
  • ハイデガー狐
  • 共産主義を理解する
  • 宗教と政治
  • 元共産党員
  • エリック・フェーゲリングへの返答
  • 夢と悪夢
  • ヨーロッパと原子爆弾
  • 画一主義の脅威
  • 近年のヨーロッパ哲学思想における政治への関心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アーレント政治思想集成
著作者等 Arendt, Hannah
Kohn, Jerome
山田 正行
斎藤 純一
矢野 久美子
コーン J.
アーレント ハンナ
書名ヨミ アーレント セイジ シソウ シュウセイ
書名別名 Essays in understading,1930-1954

理解と政治

Arento seiji shiso shusei
巻冊次 2 (理解と政治)
出版元 みすず書房
刊行年月 2002.11
ページ数 309, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4622070138
NCID BA59848380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20339586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想