秘録・永田町

小里貞利 著

政権の中枢で見た「政治の真実」。「自社さ」連立から「加藤の乱」までの全内幕。混迷する日本の未来が見える「警告の書」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 奇跡の「自社さ」連立(転落の夏
  • 野党として初の国会対策委員長 ほか)
  • 第2章 阪神・淡路大震災と永田町(青天の霹靂で地震対策担当大臣に
  • 想像を絶する光景 ほか)
  • 第3章 整備新幹線の運命(総理官邸からのブレーキ
  • 政府の意向は党として「断固返上」 ほか)
  • 第4章 綱渡りの行政改革(大臣拝命はサイドカーでツーリング中
  • 官僚のお膳立てではない行革会議 ほか)
  • 第5章 「加藤の乱」の裏側(「加藤氏決起」で走る激震
  • アメリカの「待望論」に高揚 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘録・永田町
著作者等 小里 貞利
書名ヨミ ヒロク ナガタチョウ : ウシナワレタ ジュウネン オ コエテ
書名別名 「失われた十年」を越えて
出版元 講談社
刊行年月 2002.10
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4062116103
NCID BA59792672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20343097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想