水産業における水圏環境保全と修復機能

松田治 ほか編

日本水産学会環境保全委員会は平成13年度春季大会において、水産業のもつ様々な価値を環境保全・修復機能を中心に多角的に検討し、新しい水産のあり方を探ることを目的としてシンポジウム「水圏環境における水産業の環境保全・環境修復機能」を開催した。本書はこのシンポジウムの内容をとりまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 水産業のもつ多面的価値と包括的環境管理機能(持続的水産業のあり方と持続的養殖生産確保法
  • 瀬戸内海における新しい環境保全の取り組み
  • 水産業のもつ包括的環境管理機能)
  • 2 水辺の社会・経済的機能と水産業(人間生活における水辺の意義と価値
  • 水辺・沿岸の複合的な管理と利用
  • 生物生産に係わる沿岸の環境修復技術
  • 人工海浜と自然海浜の生物生産機能の比較)
  • 3 水産生物による環境保全・修復機能(内湾干潟の浄化能と貝類の生物生産
  • アオサの除去による浜名湖の水質浄化対策
  • 大型褐藻による富栄養化の抑制)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水産業における水圏環境保全と修復機能
著作者等 古谷 研
日野 明徳
松田 治
谷口 和也
書名ヨミ スイサンギョウ ニ オケル スイケン カンキョウ ホゼン ト シュウフク キノウ
シリーズ名 水産学シリーズ / 日本水産学会 監修 132
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2002.11
ページ数 131p
大きさ 22cm
ISBN 4769909713
NCID BA59786986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20345352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想