母子関係修復過程に関する実践的研究 : 祖母元型マトリックス・モデル

田畑洋子 著

本書では、個々の事例を大切にし、実践についての詳細を示しつつ、そこから得られる「普遍」への理解が語られている。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 文献展望と本研究の位置づけ(問題と目的
  • 事例研究法による母子関係修復過程の研究
  • 本論文の研究方法と研究資料)
  • 第2章 実践例からみる母子関係の修復過程(幼児期における母子関係の修復過程
  • 学童期における母子関係の修復過程
  • 青年期における母子関係の修復過程)
  • 第3章 総合的考察(母子関係修復過程にみられる各年代の特徴
  • 母子関係修復の援助技法
  • 本章のまとめと今後の課題)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第1章 文献展望と本研究の位置づけ / p1
  • 第1節 問題と目的 / p1
  • 第2節 事例研究法による母子関係修復過程の研究 / p5
  • 1.心理学における事例研究法 / p5
  • 2.臨床心理学における事例研究法 / p11
  • 3.事例にみる母子関係修復過程 / p20
  • 第3節 本論文の研究方法と研究資料 / p34
  • 1.研究方法 / p34
  • 2.研究資料 / p34
  • 第2章 実践例からみる母子関係の修復過程 / p37
  • 第1節 幼児期における母子関係修復の過程 / p37
  • 1.事例1 授乳体験 / p37
  • 2.事例2 躾の力 / p46
  • 3.事例3 祖母・母・子のつながり / p51
  • 4.事例からみた幼児期の特徴 / p64
  • 第2節 学童期における母子関係修復の過程 / p67
  • 1.事例4 母親からの独立戦争 / p67
  • 2.事例5 母性の取り戻し / p74
  • 3.事例6 夫婦関係の改善 / p82
  • 4.事例からみた学童期の特徴 / p95
  • 第3節 青年期における母子関係修復の課程 / p97
  • 1.事例7 イメージの母の変容 / p97
  • 2.事例8 母性との出会い / p109
  • 3.事例9 母親の愛情確認 / p121
  • 4.事例10 母親の分離-個体化 / p131
  • 5.事例からみたみた青年期の特徴 / p143
  • 第3章 総合的考察 / p148
  • 第1節 母子関係修復過程にみられる各年代の特徴 / p148
  • 1.外的関係と内的関係 / p148
  • 2.母子関係の発達課題 / p151
  • 3.祖母元型 / p154
  • 第2節 母子関係修復の援助技法 / p160
  • 1.母親へのアプローチ / p160
  • 2.子どもへのアプローチ / p171
  • 3.関係性への援助-繋ぐ者としてのカウンセラー / p179
  • 第3節 今後の課題 / p185
  • 1.方法論上の問題 / p185
  • 2.女子学生への援助 / p185
  • 3.現代における母子関係への援助 / p186
  • 引用・参考文献 / p187
  • あとがき / p198
  • 謝辞 / p201
  • 資料

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 母子関係修復過程に関する実践的研究 : 祖母元型マトリックス・モデル
著作者等 田畑 洋子
書名ヨミ ボシ カンケイ シュウフク カテイ ニ カンスル ジッセンテキ ケンキュウ : ソボ ゲンケイ マトリックス モデル
出版元 風間書房
刊行年月 2002.11
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 4759913416
NCID BA59782260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20348695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想