感光性樹脂が身近になる本

赤松清 監修

読み易く、解り易く、馴染み易い技術書。企業研修や営業マン向けの最適テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人々の生活と感光性樹脂(感光性樹脂の歴史
  • 感光性樹脂は具体的にどのように使用されているのか?)
  • 第2章 エレクトロニクスと感光性樹脂(リソグラフィーについて
  • レジスト ほか)
  • 第3章 社会生活と感光性樹脂(印刷版の作製
  • 塗料、インキ用途 ほか)
  • 第4章 感光性樹脂の種類、合成方法、市販樹脂とその利用法(感光性樹脂とは
  • 感光性樹脂の中味 ほか)
  • 第5章 感光性樹脂の将来を考える(印刷産業と感光性樹脂の将来
  • エレクトロニクスと感光性樹脂の将来 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感光性樹脂が身近になる本
著作者等 赤松 清
書名ヨミ カンコウセイ ジユシ ガ ミジカ ニ ナル ホン
書名別名 Kankosei jiyushi ga mijika ni naru hon
出版元 シーエムシー
刊行年月 2002.11
ページ数 224p
大きさ 26cm
ISBN 4882317656
NCID BA59760199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20476187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想