院政と平氏、鎌倉政権

上横手雅敬, 元木泰雄, 勝山清次 著

院政の始まりから北条時頼までの複雑な政治ドラマを一新し、社会の基盤であった「荘園」に生きる人びとの動きを捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 院政と武士政権の成立(治天の君の登場
  • 保元・平治の乱-王権の分裂と混迷
  • 「猛き者」-清盛の独裁政権
  • 内乱と鎌倉幕府の成立)
  • 第2部 公武関係の展開(朝廷と頼朝
  • 後鳥羽院政と幕府
  • 鎌倉中期の公武関係
  • 得宗専制への動き)
  • 第3部 荘園制の成り立ちと仕組み(荘園の形成
  • 荘園制の成立
  • 荘園支配の仕組み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 院政と平氏、鎌倉政権
著作者等 上横手 雅敬
元木 泰雄
勝山 清次
書名ヨミ インセイ ト ヘイシ カマクラ セイケン
シリーズ名 日本の中世 / 網野善彦, 石井進 編 8
出版元 中央公論新社
刊行年月 2002.11
ページ数 414p
大きさ 20cm
付随資料 16p.
ISBN 4124902174
NCID BA59722134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20368374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想