劇団四季と浅利慶太

松崎哲久 著

一九五三年、学生劇団としてスタートした劇団四季は、いくたの試練を経て、いまや年間上演回数二千五百回、ロングランを連発する大劇団となった。全国に七つの専用劇場を擁し、ビジネスとしても成功している。その秘密はどこに?半世紀に及ぶ劇団の歴史、経営、マーケティング、俳優の演技・生活、上演演目、主宰者浅利慶太の理念…などを膨大な資料とデータをもとに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロングランかレパートリーか
  • 第2章 俳優
  • 第3章 全国展開と劇場
  • 第4章 経営&四季の会
  • 第5章 上演作品
  • 第6章 半世紀の略史
  • 第7章 劇団四季の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 劇団四季と浅利慶太
著作者等 松崎 哲久
書名ヨミ ゲキダン シキ ト アサリ ケイタ
書名別名 Gekidan shiki to asari keita
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.11
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 416660287X
NCID BA59688160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20349878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想