感情・記憶・戦争

小森 陽一;千野 香織;酒井 直樹;成田 龍一;島薗 進;吉見 俊哉【編】

[目次]

  • 戦争とジェンダー
  • 1 感情の動員(民衆を形象化する
  • 「国民」教育の時代
  • 女性と「権力」-戦争協力から民主化・平和へ
  • 帝国と国民のあいだ-戦後の和歌批評における帝国の影と国民的反動)
  • 2 記憶の戦争(記憶の作用-世界の中の「慰安婦」
  • 戦下の人種主義-第二次大戦期の「朝鮮出身日本国民」と「日系アメリカ人」
  • 沖縄 屈折する自立
  • トカトントンとピカドン-「復興」の精神と「占領」の記憶)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感情・記憶・戦争
著作者等 成田 竜一
千野 香織
吉見 俊哉
島薗 進
酒井 直樹
小森 陽一
書名ヨミ カンジョウ キオク センソウ
シリーズ名 岩波講座近代日本の文化史 8
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.11
ページ数 353p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 4000110780
NCID BA59685504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20358603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想