暴走する遺伝子 : 人類はパンドラの箱を開けてしまったのか

岡田正彦 著

遺伝子がわかれば人間のすべてがわかる?遺伝子治療は夢の医療?-とんでもない!遺伝子技術はたんに不安定なだけでなく、人類や環境に致命的な悪影響を及ぼしかねない危険な技術だ。無意識に生物兵器をつくってしまう可能性すらある…。遺伝子技術なんて、いらない!徹頭徹尾科学的に"遺伝子幻想"に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 遺伝子幻想の時代
  • 第1章 遺伝子とは?-どこまでわかっているのか
  • 第2章 遺伝子ビジネスの暴走
  • 第3章 遺伝子治療の幻想
  • 第4章 遺伝子改造の危険
  • エピローグ われわれの責任とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暴走する遺伝子 : 人類はパンドラの箱を開けてしまったのか
著作者等 岡田 正彦
書名ヨミ ボウソウスル イデンシ : ジンルイ ワ パンドラ ノ ハコ オ アケテシマッタノカ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2002.11
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4582851614
NCID BA59665416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20370936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想