くまのプーさん英国文学の想像力

安達まみ 著

二〇〇二年キャラクター人気ランキング第一位!日本中にあふれる、プーさんグッズの数々。いまなぜ、プーさんは男女を問わず、人々の心をとらえるのか?その疑問を解くため、筆者は、物語が誕生した一九二〇年代のイギリスにたちもどり、プーさんが生まれた時代背景と、作者であるひとりの父親と息子のストーリーをひもといていく。実在の森と田園を舞台に、作者ミルンは類いまれな想像力とユーモアを駆使して物語を紡いでいった。キャラクター人気のかげで、今まであまり顧みられることのなかった多彩な原作の文学世界を正面から論じた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ちっぽけな脳みそのくま
  • 1 くまと物語
  • 2 作者ミルンの生い立ち
  • 3 プーさん誕生前夜
  • 4 『くまのプーさん』の世界
  • 5 『さあぼくたちは六歳』
  • 6 『プー横丁にたった家』
  • 7 物語がのこした光と影

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 くまのプーさん英国文学の想像力
著作者等 安達 まみ
書名ヨミ クマ ノ プーサン エイコク ブンガク ノ ソウゾウリョク
シリーズ名 クマのプーさん
光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.11
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 4334031749
NCID BA59664413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20349900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想