糖尿病合併症治療のイノベーション : ARI(アルドース還元酵素阻害薬)

堀田饒 編

本書は"AR阻害薬とポリオール代謝"を中心に、広く深く取り上げ、"ポリオール経路と糖尿病合併症との関連の現状"が一目瞭然なのに加え、この領域と糖尿病合併症に就いて理解をより深めるため、それら周辺に纏る話題を"コラム"の形式でとりあげた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(糖尿病合併症の治療戦略
  • 糖尿病合併症の成因
  • ポリオール経路と他成因との関連
  • AR gene,蛋白質活性と糖尿病合併症
  • AR阻害薬の開発と臨床応用の現状)
  • 2 各論(神経障害とポリオール
  • 腎症とポリオール経路
  • 眼疾患とポリオール
  • 大血管障害とポリオール
  • 骨代謝異常とポリオール
  • ポリオールと感染)
  • 3 ポリオール経路と関連する合併症治療薬(PKC‐β阻害薬
  • AGEs阻害薬
  • 抗酸化薬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病合併症治療のイノベーション : ARI(アルドース還元酵素阻害薬)
著作者等 堀田 饒
書名ヨミ トウニョウビョウ ガッペイショウ チリョウ ノ イノベーション : ARI アルドース カンゲン コウソ ソガイヤク
書名別名 Tonyobyo gappeisho chiryo no inobeshon
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2002.10
ページ数 182p
大きさ 26cm
ISBN 4753220036
NCID BA59664355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20359753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想